オ-ナ-/ジャズシンガーエミさんのひとり言日記と「Smile」(スマイル)のご案内♪


by smile-kakaka

<   2014年 08月 ( 23 )   > この月の画像一覧

c0174049_13201268.jpg

[PR]
by smile-kakaka | 2014-08-31 13:20 | ライブスケジュール | Comments(0)
今夜は夜だよ~~!

ヴォーカルセッション!  

ヴォーカルさんたち集まってちょ~~♪♪


★8月30日(土) 「ヴォーカルセッション」

           ~お客様が歌う日です~
セッションリーダー
  ドラム  諸田富男トリオ
  ピアノ  川口信子
  ベース  林 正男

セッションスタート p,m,7:00~

チャージ3000円(ミュージックチャージ1500円含)
      +ご飲食850円(税別)


たっぷり歌えます!!

-----------お待ちしています^^--------------

c0174049_18592076.jpg


c0174049_1902826.jpg


c0174049_18595556.jpg




        
[PR]
by smile-kakaka | 2014-08-30 18:56 | Comments(0)

今夜は、良い曲を楽しむ会?

の、ような、金曜Bar Night!


今夜も、激しく楽しみましょう!~^^~!


今夜は、つかさちゃん(ハモリ隊)と、彩乃ちゃんと

    お待ちしています!^^!
[PR]
by smile-kakaka | 2014-08-29 12:11 | Comments(0)

初出演! 今夜ライブ!


ちょっと涼しくて とっても身体が楽に感じます♪

夜は、耳にも栄養を♪


今夜は、初出演のお二人!  やっと実現です♪ぜひ、来てね^^

(プロフィールは↓にあります)

もちろん今夜も、日本を代表するプレーヤーです!


DUOで、たっぷり、お二人の演奏を、ビシビシ肌で感じてハートで感じて、

秋の気配を感じてください。


芸術の秋!! ^^


お待ちしています!^^!  ↓今夜↓

★8月28日(木)  「The,DUO」 ★ 

 ・アルトサックス  多田誠司 http://www.tadasei.net/
 
・ピアノ       山田貴子 http://www8.plala.or.jp/takakohp/

SHOW TIME p,m,8:00~8:50/9:30~10:20
料金 チャージ計2500円(T,C+M.C含)
       +ご飲食850円~  (税別)

------------出演者プロフィール------------
c0174049_12255354.jpg

多田誠司

1960年、香川県高松市生まれ。
香川大学付属高松中学、高松高校を通じて吹奏楽部でFluteおよび指揮者を担当する。岡山大学入学と同時にJAZZ研究会に入部。20才の時AltoSaxに転向する。大学卒業後、就職のため地元に帰り、セミプロの立場で中四国・京阪神のライブハウスで活動するが、JAZZへの情熱を捨て切れず、1988年上京。都内ライブハウスで活動を開始する。
以後、小林洋子(P)グループ等を経て1990年に村田浩(Tp)&The BOP BANDに参加。1992年にCD『The Blues Walk』にて全面的にフィーチャーされ、一躍脚光を浴びる。1993年末には、キングレコード主催、日本の若手ミュージシャン達による『日本ジャズ維新ジャム』のレコーディングにも参加。その情熱あふれるプレイで多くのファンを獲得する。1994年10月にはドラムの猪俣猛氏の『Japan Just Jazz All Stars』の一員として国際交流基金主催のメキシコ公演に参加、大成功を収める。また、1995年7月には転職情報誌「Be-ing」にその脱サラ人生が大きく取り上げられる。
1996年3月には大西順子(P)QUINTETの一員としてBLUENOTE東京・福岡・大阪の3週間にわたるツアーに参加。Marcus Belgrave(Tp),Rodney Whitaker(B)らと共演し交流を深める。また1997年5月にもJAZZWORKSHOPの一員として二年連続でBLUENOTE公演に参加。さらに高い評価を得る。
1997年6月、待望の初リーダー作『THE GIG』を東芝EMIより発売。SWINGJOURNAL誌主催、97年度「日本ジャズ賞」部門で第三位に入るなど、各方面より絶賛される。98年4月には来日中のBranford Marsalisがこのアルバムを絶賛し、BLUENOTE東京にて共演するチャンスにも恵まれた。99年8月にSLASH!のデビューアルバム「SLASH!」をEWEよりリリース、高い評価を得る。また世界的トランペッター日野皓正に認められ1999年から2009年まで彼のグループにレギュラーメンバーとして参加。国際交流基金主催のインド・パキスタン公演をはじめとしてラオス・カンボジア・韓国などアジア諸国で公演。2005,2009年には佐藤允彦SAIFAの一員として欧州ツアーに参加するなど海外でも数多く活動する。2011,2013年には富士通コンコードジャズフェスティバルツアーに参加。特に2013年は日本人としてただ一人参加し、伝説のアルト、Charles McPhersonとのバトルで共演を果たすなど、世界の一流アーティストとの共演も多数。
2000年11月に自己のリーダーバンド「the MOST」を結成。2001年にCD「much,more,the MOST」でデビュー、高い評価を得る。以来、「FORCE」「Because of you」「re:mark」「Luminescence」「True Courage」をリリース。結成十周年記念コンサートを行うなどした後、2013年12月を以て活動休止を発表する。2011年に結成したリーダーバンド「God Hands QUARTET」(鈴木央紹ts,井上陽介b,江藤良人ds)でも2013年4月にデビュー作「GH4」をリリース。2014年からは若手トップミュージシャンたちと二つのユニット、T.I.A(Thanks in advance)(菊池太光p,大塚義将b,福森康ds)、Oaky(宮川純org,横山和明ds)を結成、若手ミュージシャンの育成にも力を入れている。
また自己のグループでNHK-FM「セッション’97、’98、505、2012」に出演。また2001年10月にはNHK-BS日蘭ジャズ週間に参加、オランダ人ジャズメンとの共演が放映されるなどTV・ラジオ等への出演も多数

現在リーダーバンドとして「God Hands QUARTET」「T.I.A(Thanks in advance)」「Oaky」「arbeg」を率いる他、スガダイローpとのデュオ、福田重男pとのデュオ、BLUENOTE All Star Bigbandなど多方面で活動中。また、教育活動にも力を入れていて、2005年からは世田谷区の中学生を対象としたドリームジャズバンド(校長:日野皓正)の指導、2007年からは大阪市の50才以上を対象としたHe Knows Orchestraの指導、2013年6月からはYAMAHAの協力で船橋にアマチュアビッグバンド、フォレストシティビッグバンドを創設し、指導を行うなど、精力的にアマチュアミュージシャンたちの指導を行っている。また、2012年から仙台市定禅寺ストリートジャズでYAMAHA Swing Carnivalのファシリテーターとして100人以上に上る参加者のまとめ役を務める。また、洗足音楽大学および飯田ジャズスクール、Da Capoで講師として教鞭をとる。2013年、地元高松市観光大使を拝命。

------------------------------------------
c0174049_12334650.jpg

<山田貴子Profile>

6歳よりピアノを始める。
KSSGに所属し、いろいろなジャンルを演奏。
全国のホールやNHK、ヨーロッパ公演等、定期的に出演。
15歳より和久利幹子氏に師事。
国立音楽大学ピアノ科推薦入学、日本ピアノ教育連盟オーディション奨励賞、
全日本ソリストコンテスト奨励賞。 
卒業後、ジャズピアノに興味を持ち、独学で学ぶ。
1997年、ボストンのバークリー音楽大学へ奨学金を得て入学。
ジェフ・コーベル、レイ・サンティーシ他に師事。
卒業後、同大学ヴォイス科にピアノ伴奏者として勤務しつつ、
在学中よりボストン近郊にて演奏活動を行う。
2001年に帰国。
2001年12月 浅草ジャズコンテストバンド部門銀賞。
2006年に1stアルバム『Deep blue』、
2010年10月、2ndアルバム『My story』全国発売。
『W100 ピアニスト ジャンルを超えた女性演奏家たち』
(シンコーミュージック・エンタテイメント)や、
集英社インターナショナル・コラムに掲載される。
『W100 ピアニスト ジャンルを超えた女性演奏家たち』
2012年6月、自己のトリオで国内ツアーを成功させる。
2012年7月、『須藤元気Presents WORLD ORDER 2012 LIVE』
国際フォーラム・NHKホールでのLIVEに「参加。
2013年4月には『WORLD ORDER in 武道館』に参加。CD・DVDも発売される。
2013年千葉市芸術文化奨励賞受賞。

自己のトリオを中心に、多数のミュージシャンやグループ、東京Brass Art Orchestra、北條達子(Fl)groupや星優子(Fl)group、他で活動中。
------------------------------------------------------
[PR]
by smile-kakaka | 2014-08-28 12:27 | Comments(0)

ちょっと、違うんです。


Smileの「Bar 営業」。



今夜は、つかさちゃんとまゆちゃん、の、
      
       水曜Bar Night!です☆
[PR]
by smile-kakaka | 2014-08-27 12:42 | Comments(0)

コレボレーション!

本日、素晴らしいコラボレーションのライブ!

必見必聴ですよ~!^^!  ↓ 本日


★8月26日(火) 「ビオラ&ピアノのコラボレーション」


・ヴィオラ  田中詩織 http://www.shioritanaka.com/

   &        
・ピアノ 上野山英里 http://uenoyamaeri.web.fc2.com/top2.html

■SHOW TIME p,m,8:00~8:50/9:30~10:20
■料金 2500円(M,C1000円含)850円~
+
     ご飲食850円~ (税別)


----------出演者プロフィール------------------
c0174049_13301480.jpg

田中詩織 Shiori Tanaka

ヴィオラ奏者。北海道出身。
日本で唯一の、ヴィオラでアドリブ演奏をする田中詩織。
東京音楽大学在学中よりオーケストラをはじめとする演奏活動を開始。
在学中はヴィオラを兎束俊之、豊嶋泰嗣、クロード・ルローンの各氏に師事。
また卒業後は演奏活動をしながら、興味のあった音楽療法/幼児リトミックを学ぶため、国立音楽院へ入学、首席卒業。
その際、講師でジャズピアニストの今田勝氏と知り合い、影響を受け、アドリブ演奏への興味を持った。
卒業後は、サックスの土岐英史、バイオリニストの中西俊博、里見紀子の各氏に師事。
ジャズ/ポップスなど、クラシックに留まらない自由な発想のヴィオラ奏者は、世界的にも珍しく、クラシックの楽曲でもヴィオラをメインと捉えた曲が極端に少ないことから、ヴィオラを生かしたオリジナル曲を作成し、自身のプロデュースでヴィオラのくすんだ音色の色っぽさ、渋みを生かした1st Album『The Viola』をリリースした。
現在は自身のソロ活動の他、J-POPアーティストやCMなどテレビ出演やスタジオワーク、ライブサポートでは武道館、全国ドームをはじめとするコンサートで、ヴィオラでのアドリブソロが好評を博すなど、幅広く活動している。
また、大人気のNHK人形劇『新☆三銃士』のサウンドトラックでは、フラメンコ・ストリングスの一員として参加。
また、弦楽四重奏のJazzバンド、SJS(Super Jazz Strings)の一員としてジム・ホール氏/ロンカーター氏との共演を果たした。
近年の主なコンサート、舞台サポート
TOKU、BoA、ローリー寺西、呉汝俊、倉本裕基、TOKIO、TAKUYA、
谷村新司、近藤真彦、Kinki Kids、嵐、氷川きよし、ジム・ホール、ロン・カーター、浜崎あゆみ etc…

---------------------------------------------
c0174049_13292575.jpg

ピアニスト/キーボーディスト/作・編曲家
和歌山県出身。4歳よりヤマハ音楽教室に通う。
インターナショナルエレクトーンコンクール'97・ポピュラー部門第1位受賞。
相愛大学音楽学部卒業後、演奏活動を開始。
フィギアスケートアイスショーでの演奏、TV長野放送「ふるさと未来」へのロケ出演、
中国(香港・深セン・広州・上海)でのコンサート等幅広い演奏活動を行う一方、
様々なアーティストとの共演をきっかけに、ピアノを始める。
またNHK教育TV「てれび絵本」の音楽制作、NHKラジオ「ビジネス英会話」のテーマ曲制作担当など、
作曲家としての活動も多岐に渡る。
現在都内ライブハウスを中心にオリジナリティ溢れるライブ活動を展開中。
2010年9月、箭島裕治(ベース)、海沼正利(パーカッション)との「上野山英里Trio」で、
全曲オリジナルによる1stアルバム『The First Cry」』をリリース。
洗足大学音楽学部電子オルガンコースの非常勤講師も務める。  
----------------------------------------------
[PR]
by smile-kakaka | 2014-08-26 13:32 | Comments(0)

ハナキンは、


今夜は、飲んで歌ってハモって弾いて踊って笑って、

楽しもうね~~~~~っ!^^!





   以上。
 


解散っ


    今夜は、みさとちゃん&つかさちゃんと、

          お待ちしています☆
[PR]
by smile-kakaka | 2014-08-22 12:18 | Comments(0)
本日のライブ、待ってました~! です!^^!

大人気、堀秀彰Piano TRIOです♪

全国、また、幅広いジャンルで大活躍の堀秀彰、今夜はリーダー出演です!

先日まで、Smileから一望に見えるスカイツリーは、
  ドリカムとのコラボイルミネーションだったスカイツリーでしたが、
日曜に終わってしまいましたが・・・^^

と、ゆう、例えば、
あの、ドリカムの全国ツアーも同行した、キーボーディスト、アレンジャー、
ポップスも他も、た~くさん、幅広く活躍中!の堀秀彰さんが、

今夜はSmileで、堀秀彰リーダーライブです!^^!

是非、お立ち寄りくださ~~い♪  

お聴き逃しなく~!^^!  ↓本日↓


★8月21日(木) 「あの、堀秀彰トリオ!」
                ~本格JAZZ~

・ピアノ 堀秀彰   http://horinky.withmusic.jp/

・ベース 大塚儀将 http://www.yoshimasaotsuka.com/    
・ドラム 長谷川ガク http://www.gakudrum.com/


SHOW TIME p,m,8:00~8:50/9:30~10:20(入れ替えナシ)
料金 チャージ3000円 (T,C,+M,C,1500円含)
         +ご飲食850円~ (税別)





----------出演者プロフィール--------------
c0174049_1053096.jpg

c0174049_10462121.jpg

堀秀彰 - Hideaki Hori - (Piano)

1978年12月8日千葉県出身。10才までは北海道で育つ。
幼少より楽器に親しみ、高校時代でジャズに感動して本格的にピアノを始める。
早稲田大学モダンジャズ研究会で腕を磨き、その頃からプロとしての活動を開始。
センスあふれるコードワーク、繊細でありながらも情熱的なプレイで、ベテランから若手にいたるまで大きな信頼を得ている。
Eddie Henderson、Gene Jackson、大坂昌彦、原朋直、向井滋春、村田陽一、土岐英史、市原ひかり、各氏をはじめ、国内外の著名アーティストとの共演歴も多い。

ポップスフィールドでは、Dreams Come True・
ParisMatch・SILVA・DA PUMP・青山テルマ・M-SWIFTのアルバムや、
インコグニートのVocalメイザ・リークなど、多くのアーティストのレコーディングセッションに参 加。
Dreams Come TrueやParisMatchのライブにもサポートメンバーとして同行している。

浜崎航との双頭カルテット『Encounter』 は、数々のジャズフェスへの出演、TV番組『源流JAZZ』への出演、韓国など海外公演も成功し、各方面から注目を集める存在になっている。2012年に はアメリカのカリフォルニア州で行われる、世界的にも有名で歴史ある55th Monterey Jazz Festivalにも出演した。
現在『Encounter』の他にも、堀秀彰トリオ&クインテット、安カ川大樹『D-musica large ensemble』、山口真文グループ、 横田寛之『ゴウダヴ』、河原秀夫 『4 Mo Groove』、山下弘治『NEW5』 、ParisMatch、SILVA&井手麻理子主催の"The Essentials of DIVA"などを中心に日本全国のジャズクラブ、コンサート、フェスティバル等で活躍中。

------------------------------------------------------
c0174049_10414583.jpg

大塚 義将(おおつか よしまさ)

1986年群馬県出身。
13歳からギターを始め、高校入学と共に吹奏楽部でベースを始める。
18歳で専修大学進学のため上京。
大学のビッグバンドサークルに入部し、様々なジャズに触れる。特にベーシストのRay Brownの演奏には強く感銘を受け、Ray Brownの演奏をお手本にしながら独学でジャズを学ぶ。
徐々にコンボジャズへの興味も強くなり、2年次に同大学のコンボジャズサークル「MJAブルーコーラル」に入部を決める。
MJAブルーコーラルでは、先輩である奥川一臣(P)、紺野智之(Dr)らに指導を受け、ジャズのハーモニー、アンサンブル等多くのことを学ぶ。この経験が、現在の音楽の考え方や演奏スタイルに非常に大きな影響を与え、今なお重要な指針となっている。
この頃から、都内のライブハウスなどで演奏活動をするようになる。
2010年7月、2011年6月にはジュリアード音楽院ジャズ科の主任教授であるCarl Allen氏と共演。
現在も都内や横浜を中心に精力的に演奏活動を行っている。

---------------------------------------------------------
c0174049_1031991.jpg

長谷川ガク/Gaku Hasegawa
Drummer

1978年12月20日東京生まれ千葉育ち。
高校入学と同時にドラムを始める。1998年に甲陽音楽学院に入学し、この頃ジャズに目覚める。
2000年に渡米、奨学金を獲得してBerklee College of Musicに入学。在学中は主に Jon Hazilla氏、Joe Hunt氏に師事。2003年に同大学Professional Music Major Degreeを卒業。その後一時ニューヨークへ移動し、Gregory Hutchinsonにレッスンを受けるなど、米国での様々な経験を経て、2005年に日本国内へと活動の拠点を移す。
帰国後は、東京を拠点として様々なライブやレコーディング、ツアー、全国各地のジャズフェスティバルに出演。共演ミュージシャンはジャンルを問わず多数。現在は主に、川嶋哲郎Quartet、徳田雄一郎RALYZZDIG、堀秀彰Trio、ポップスシーンではスウィングラップユニットSOFFetのサポートバンド(Tokyo Junkastic Band)に参加している。近年では、マレーシア、中国、カナダ、インド等の海外のジャズフェスティバルにも出演した。自らの活動としてオルガンとドラムのDuoからなるユニットを立ち上げ精力的に活動している。2012年度JazzPage人気投票ドラム部門第一位を獲得。
プレイスタイルはジャズだけにとどまらず様々なジャンルを取り入れ、安定したリズムから繰り出される独特なアプローチや歌心溢れるドラミングには定評があり、様々なミュージックシーンで人気を博しているドラマーである。

------------------------------------------------------
[PR]
by smile-kakaka | 2014-08-21 00:10 | Comments(0)

猛烈あたぼうよ。


あっついね~~ 笑

お盆休み、連休もナシな、元気いっぱいのSmileでっす!^^!


Smileの、エビス樽生ビールをグいっと・・・
c0174049_1461079.jpg


んでもって、

ウイスキーもククっと飲んで、

今夜も涼しくそして、ワイワイと楽しくいきましょう~!^^!

わたしはこれからSmileOPEN前まで、ヴォーカルレッスンです!


昼からうしみつどきまでパワー前回だぜーーっ  ヒャッホー!


最近、歌番をれんしゅう中です。ハイ。


今夜の水曜Bar Nightは、と~~っても元気な楽しい2人、

 みさとちゃんとまゆちゃん、のハモリ隊と
  
  お待ちしていま~~す!^^!


来てね~~^^
[PR]
by smile-kakaka | 2014-08-20 14:10 | Comments(0)
本日のライブ!  8月19日(火)は、・・・・・

    「ブラジルNight!」「ボサノバNight!!」


ボサノバがお好きな方、

ボサノバ聴きたい方、

聴いたことないかた・・・

ボサノバ・ブラジル聴きたいなら今夜です!!!


そして皆様、

ちょっと疲れた心に水を与えにきませんか?

静かに、心は躍動して・・・  を感じにきてみませんか?

深く 深く、 まるでスーっと染み渡る、音を  そのすべてを

ぜひ、ぜひ、みなさまに聴いて感じていただきたい、沁みる夜、です。


ボサノバなら、今夜、いらしてください!!! ^^

そう、波、砂浜、カーニバル、  ・・・・etc・・・


わたしも今夜は、全ての仕事も作業もを置いて、

心をOPEN THE DOORにして

  耳を澄ませて 心を澄ませて、聴いて感じる準備は今から万端です!^^!


ぜひ、お越しくださいませ☆ (出演者のプロフィールは、↓http://barsmile.exblog.jp/にあります)

   
動けなくなるほどの・・・ 波、砂、サンバ、・・・・胸に沁みる夜。

    
もーーー 泣いちゃう素晴らしいボサノバ・・・・etc・・・ブラジルNightです。

深く深く、心に 深く、刻まれるスペシャルな音。 


「本格ボサ・ノバ」ライブです。  


ブラジルでも有名な、the マエストロ、中村善郎さんの出演です!

日本のトップボサノバアーティストですが、
ブラジルでもブラジル国の方々がみんな知ってるマエストロなのです。
ブラジルでも日本でも、日本のジョアン・ジルベルト、と言われています。

そんなマエストロのギタ-&ヴォーカル中村善郎さんと、
心にスーっと深く沁みるギター・ヴォーカル、3人が奏でる音楽、

そして、パンディロのトップ奏者、長岡敬二郎さんの、
まるでここはブラジル?砂の上?とも錯覚させてくれる、
たまんなくすばらしい感性でのパーカッションの波とサンバとブラジルの砂浜へ、

そして初出演には、ロスアンゼルスから日本に滞在の中きてくれます、fl井上るみさん、



素晴らしい夏の夜、Things we Did Last Summer、

今夜は、心の中の砂浜に足を止めにきませんか?


今夜聴かねば、夏は終わらない!! のです。ハイ。

今夜は、・・・・時の流れを そして


連れってくれます、  行きたい心のそこへ。

ボサノバ、ブラジル、 今夜聴いた心は、明日からもずっと

心に染み渡ります。

素晴らしいです。

     お待ちしています!!



★8月19日(火)  「本格ブラジル ボサノバNight」 ★
                ~本格ボサノバブラジル~

●ギター&ヴォーカル     中村善郎 
http://homepage1.nifty.com/yoshiro-nakamura/
 
●フルート            井上るみhttp://www.rumiflute.com/

●パーカッション/パンディロ 長岡敬二郎
http://www006.upp.so-net.ne.jp/nagaoka/www006.upp.so-net.ne.jp_/Welcome.html

■SHOW TIME p,m,8:00~/9:30

■料金 3000円(ミュージックチャージ1500円+テーブルチャージ1500円)
     +ご飲食850円~ (税別)

                 
Smile tel, 03-3841-6908
   
------8月19日(火)ライブ出演者プロフィール-----

c0174049_11314219.jpg

中村善郎

・アーティストとして
DSCF0896_A_000.jpg1977~79年ブラジル及び南米諸国遊学中にボサノヴァ・ギターと出会い、ポルトガル語によるオリジナル曲も作り始める。帰国後現在まで15作のリーダー・アルバムを発表、(Discographyをご参照下さい)FM・TV放送、コマーシャル制作等、多岐に亘り活動。ボサノヴァをルーツとしながらもジャズ、ポップス、ロック、クラブDJ系、シャンソン、純邦楽、演歌などジャンルを超えたミュージシャンとも交流、楽曲提供も多数。またプロデューサーとして、ディズニーソングをボサノヴァにアレンジして話題を呼んだアルバム「ボッサ・ディズニー」など幅広い分野で実力を発揮する一方、ライター、ナレーターとしても定評がある。ヴェルベット・ヴォイスと評される抑制の効いたヴォーカルと、端正で本格的なアコースティック・ギターの演奏は、国内のみならずブラジルをはじめ海外のアーティストからも高く評価されている。フランス音楽界の巨匠ピエール・バルーをはじめ、リシャール・ガリアーノ、リチャード・ボナ、ミウシャ、ワンダ・サーなどのアーティストと数多く共演、ピエール・バルーが「出会い」という曲の歌詞中で「中村はジョアン・ジルベルトを彷彿させた…」と歌って以来、日本のジョアン・ジルベルトと呼ばれる事も多い。06年秋に初のギター・ソロ・インストゥルメンタルを主体としたアルバム「トカール・コモ・カンタール~歌うように奏でる」を発表、また07年初夏には同じく自身初となる全曲日本語楽曲の作品「地球儀の青い海」がリリースされるなど、意欲的に新境地を拓いている。08.9には自身による多重録音を駆使したアルバム「音と語れば」をリリース。常に新たな地平を目指すアーティストとして活動を続けている。

・プロデューサー、アレンジャーとして
●プロデューサー、アレンジャーとして自己のすべてのアルバムに加え多数のアルバム(ボッサ・ディズニー、シネマ・イタリアーノ、ディック・リー、ファイナルファンタジー/ヴォーカル・コレクションⅠ,Ⅱ、ケルカン、サワサキ・ヨシヒロ、菊丘ひろみ、Karenなど)で中村サウンドを確立している。
●「ボッサ・ディズニー」('01)はJ-WAVE/サウージ・サウダージのブラジル・ディスク大賞で8位に入賞。
●中村が敬愛する三味線の弾き語り、柳家紫朝師匠のCD「柳家紫朝/粋曲」に特別協力として参加。

・映画音楽監督として
●2001「坂の上のマリア」(瀬木直貴監督)
●2003「いずれの森か青き海」(瀬木直貴監督)

ライターとして
●2006.6ボサ・ノヴァ・ギター譜面集「はじめてのボサ・ノヴァ・ギター」をリットー・ミュージックより出版
●2005.6初めての教則本「ボサ・ノヴァ・ギターが弾ける本」をリットー・ミュージックより出版
●その他にCDの解説や数々の雑誌の記事などライターとしても活動。(Short Storyをご参照下さい)
●2002からアコースティック・ギター・マガジン(リットー・ミュージック)でボサ・ノヴァ・ギター講座の連載を開始。
Booksをご覧ください


・ナレーターとして
●2004静岡放送製作のテレビ・ドキュメンタリー番組「青のしずく」のナレーションを担当。好評を得る。
●その他「SB本生 生ワサビ」を初め数々のCMでのナレーションを担当する。

・講師として

●NHK文化センター横浜教室、青山教室、ハーモニー・スクエア(コーラス・グループ、タイムファイヴの教室)、朝日カルチャー・センター等でボサ・ノヴァ講座の講師(Schoolご参照下さい)を勤める。

-----------------------------------------------
c0174049_1132344.jpg



Rumi was born in Kyoto Japan. She is a performer, composer and recording artist in Jazz and other music on flute. She holds a Master of Music degree in Afro-Latin Music Performance from California State Los Angeles.

Rumi began to play piccolo and switched to flute when she was in junior high school. She took first place in the flute ensemble category at the Kobe Flute Convention Competitions in Japan. She studied with Takako Shiraishi at Music high school in Kyoto and she was selected for honorable mention at the Student Music Competition of Japan sponsored by Mainichi Newspaper.

After graduating high school, Rumi went to Austria and studied classical flute with Dr. Werner Tripp at the University of Music and Performing Arts in Vienna. After that, she began to study jazz flute with Shinpei Inoue, became interested in world music, and started composing her own original music that expressed the culmination of her diverse styles and training.

Since then she has participated on many CDs as a recording artist. Rumi currently lives in Los Angeles where she regularly performs jazz and her own original music in small ensemble groups. She was the winner of the NFA's 39th Annual National Flute Association Convention Jazz Flute Master Class Competition in 2011. She studied Jazz with Holly Hofmann, Bruce Forman, Otmaro Ruiz and studied Afro Cuban Music with Danilo Lozano. Rumi is also an educator who teaches at various Southern California music schools.

-----------------------------------------------
c0174049_11323377.jpg

長岡敬二郎

13才よりジャズドラミングを学ぶ。
その後、数多くのジャズ・プレイヤーとのセッションを重ねる。
田野城 寿男TIME SPIRALに参加。
長谷川 守男&PA'GOZAR(東芝EMI)に参加。NHKなどで活躍するほか、アルバム製作も手掛ける。
ジャズフュージョンバンド・DRY EYEを結成。プレイボーイジャズフェスティバル・イン・東京に出演。
シャカラに参加。
また、アメリカのニューオーリンズにおいてジャズのルーツに触れ、ニュオーリンズ出身のピアニスト、スティーブン・ローボックのグループに参加。
ブラジルのリオデジャネイロ、サルバドール、フォルタレーザ、ベレン、など各地を周り、サンパウロにおいて、オズヴァウヂーニョ・ダ・クイーカに師事。
帰国後、南 佳孝、シルビア、石川ひとみ、佐藤正美、ヴィウマ・ダ・オリヴェイラ、沢田知可子、小野リサコンサートなどに参加。その他、数々のレコーディングにも参加している。
MIDI CRIATIVEより自己のショーロバンド・エウロパの1stCD『EUROPA』をリリース。
エポカ・ジ・オウロのジョルジーニョ・ド・パンデイロ、ノ・エン・ピンゴ・ダグアのセウシーニョ・シウヴァに師事。親交を持つ。

2005年 日本初のパンデイロのための教則本「Pandeiro Book」を中央アート出版社より発売。
日本では数少ないブラジルパーカッション・パンデイロの専門家であり、ワークショップやプライベートレッスンなども各地で行っている。

-----------------------------------------------
[PR]
by smile-kakaka | 2014-08-19 11:17 | Comments(0)