オ-ナ-/ジャズシンガーエミさんのひとり言日記と「Smile」(スマイル)のご案内♪


by smile-kakaka

 4/21(火) ジャズ・テナーサックスカルテットJAZZライブ!

4月21日(火)  「The,JAZZ カルテット」

テナーサックス 安保徹 http://www.geocities.jp/ambo8p/
 ピアノ    吉田桂一 http://www008.upp.so-net.ne.jp/pianok1/
 ベース   佐々木悌二 http://bass-sasaki.blogspot.jp/
 ドラム   村田健一郎(憲一郎)http://profile.ameba.jp/k-kir-mra8133/


ジャズライブ、今夜は,カルテット!
テナーサックス安保徹リーダーにベテランジャズの匂い、
満載で、4人のジャズメンがハートへお届けするライブ!
ベテラン安保徹のずっしりした音と、吉田桂一のハートフルなピアノと
支える佐々木悌二の躍動ベースと、
そして、感性豊かに色どってくれるドラムは村田憲一郎、
今夜のカルテットは、見逃せないJazz Night!!
(なのに、チャージはリーズナブル♪  来なきゃそんそん♪)

☆お席は、ご予約ご来店順です☆
    予約tel, Jazz&Bar Smile 03-3841-6908


□OPEN p,m,6:30
■LIVE TIME p,m,8:00~8:50/9:30~10:20
■チャージ料金計 3000円 (T,C,&M,C含)
             +ご飲食850円~(税別)

--------------4/21 出演者プロフィール---------------

c0174049_13154085.jpg

テナーサックス 安保徹 http://www.geocities.jp/ambo8p/

1963年5月19日生まれ

18歳でデクスター・ゴードンを聴き、ジャズを知る。20歳でテナー・サックスを始め、後に大森明氏に師事。

現在は自己のバンドThe Ambo UNITのほか、寺下誠(p)5、小林桂(vo)+G5等で活躍中。

【アルバム参加作品】
The Ambo UNIT 「Determination」
real records presents 「Crazy about BeBop Vol.1」
~Crazy about BeBop(Cat Music Factory)~
“I SHOULD CARE”Live at BASH!
~安保徹カルテット+1(What’s New)
“MISTY NIGHT”~安保徹カルテット (What’s New)
“ミッドナイト・グルーブ”~岡安芳明5(キングレコード)
“ザ・テナーサミット”~尾田悟(オーディオパーク)
“フロム・ザ・ハート”
~ジミー・スミス・クインテット(T.S.C.C)他

【テレビ、ラジオ出演】
NHK 夢音楽館 (2004年)
フジテレビ MUSIC FAIR 21 (2004年)
NHK FM セッション505 (2005年、2004年他)など。

--------------------------------
c0174049_12514663.jpg

ピアノ      吉田桂一 http://www008.upp.so-net.ne.jp/pianok1/

4歳よりクラシック・ピアノを習い、17歳より独学でジャズ・ピアノを習得。
22歳の頃からプロとして演奏活動を始める。
宮之上貴昭&Smokin', 村田 浩 The Bop Band, 大井貴司&Super Vibration,
多田誠司4, 山中良之4, 岡安芳明5,福村博Up Town JAZZ Band 等に参加。
1988年、インドのジャズ・フェスティバル『ジャズ・ヤトラ』に出演。
1991年、サリナ・ジョーンズの東京公演で伴奏を務める。
現在は自己のトリオの他に、出口辰治4, 荒巻茂生BAND 等で活動中
初リーダーアルバム 『 Music Forever』を10年近くに渡って続けている レギュラートリオ(BASS 佐々木悌二、DRUMS 廣江靖)でレコーディング、What's New Recordsよりリリース。
2005年10月19日
セカンドリーダーアルバム『I'm gonna be Happy!』をリリース。

--------------------------------
c0174049_13134950.jpg
http://bass-sasaki.blogspot.jp/

1963年宮城県仙台市生まれ。
18才の頃に聴いたチャーリー・クリスチャンに衝撃を受け、ジャズに開眼。
1984年上京。
アコースティックベースを河上修氏、また日本フィルの高橋氏に師事。
その後、伊原康二(p,org)3のベーシストに抜擢される機会をきっかけに、渡辺文男(ds)、中村誠一(ts)など、ベテランミュージシャンのバンドに参加。
力強いビートと歌心溢れるプレーで一躍注目を浴び、その的確なサポートに共演者から絶大なる信頼が寄せられる。
現在は大田寛二pクィンテット、小原哲次郎pトリオ、川上さとみpトリオ、小宅珠実flバンド、椎名豊pトリオ、村田憲一郎pトリオ、吉田桂一pトリオを中心に精力的に活動。
その他の共演者に山本剛(p)、大野雄二(p)、吉岡秀晃(p)、山中良之(ts)、佐藤達哉(ts)、高嶋宏(g)、宮之内貴昭(g)、岡安芳明(g)、山田穣(as)、松島啓之(tp)、原大力(ds)、大坂昌彦(ds)、細川綾子(vo)、清水秀子(vo)等。
また、来日中のバリー・ハリス、アート・テイラー、ケニー・パレル、ランディー・ブレッカー、ジョージ・ベンソン、マリーナ・ショウらと共演。
またNHKセッション505への出演も多数。


--------------------------------
c0174049_12522311.jpg

ドラム     村田健一郎(憲一郎)http://profile.ameba.jp/k-kir-mra8133/

1951年2月12日、東京生まれ。
東京歯科大卒。3歳からバイオリンを始め、高校時代からジャズ・ドラムスを始める。30歳で渡辺文男(ds)に師事、多くのプロ・ミュージシャンと共演するようになる。東京・ 新宿区 内にて歯科医として務めるかたわら、夜になると日本のトップ・ミュージシャンをサポートするドラマーとして、東京都内のライブハウスを中心に精力的な活動を続ける。繊細なシンバル・レガート、シャープでナチュラルなスイング感を持ったドラミングは、多くのミュージシャンから高く評価されている。
太田寛二トリオを皮切りに、中村誠一、吉岡秀晃、大森明、寺下誠、小野リサ、大野三平、山本剛等のバンドそして、大野雄二トリオを約15年、川上さとみ、太田寛二を経て今、村田憲一郎トリオを結成。他にも安保徹ユニット、鈴木道子+吉田桂一3などで現在活躍している。1997年にはリーダー・アルバム「SHIGERU-父に捧ぐー」を発表。また「Lupin The ThirdJazz」シリーズなど他にも多くのCDに参加している。
-------------------------------





スタッフは、つかさちゃんとお待ちしています☆












[PR]
by smile-kakaka | 2015-04-21 12:34 | Comments(0)